Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

「さとり」を語ること

今朝、日本テレビの情報番組「ZIP!」でイチローの引退会見と、スタジオでの解説者・長谷川滋利のお話を視聴した。

解説者はイチローの元チームメートらしく、アメリカでいっしょに食事をしたこともあるそうだ。

彼は言った。「イチローは天才と言われるけれど、天才ではなく普通の人間で、努力をした人。天才だと簡単に言われると本人も嫌がる」

なるほど、確かにイチローは内向的感覚型だ。努力で成し遂げた偉業だと思う。

天才と普通の人の違いは何かを考えた。

私がさとったとして、人々にそれを伝えることは困難だと実感している。

私も普通の人間、人々も普通の人間だ。

教えればいいではないか。

イチローのように努力できるかは、教わる側の問題である。

イチロー自身も言った。「コーチは絶対に無理だ」と。

そうだ。教える側の能力の問題ではないのだ。

教わる側が、どれだけ努力できるかだ。

私は智慧を開示していこうと考えた。

同じ人間として、さとりを語ってみようと思う。

ここまで書いてみて、先ほどの「天才と普通の人の違いは何かを考えた」の答えになっていないように思われたかもしれない。

言い換えれば、イチローは天才だったことになる。なぜなら、どう努力したらいいか、自分で考えたからだ。

たとえ、いいコーチに恵まれたとしても、すべての選手が必ず上達するとは限らない。

その意味で、教える側の問題ではなく、教わる側の問題だとしたのだ。

教わる側がどれだけ努力を続けられたかが、やはり天才といえるものだ。

「天才」=「努力せずとも上達できる能力」という先入観が混乱を来している。

「努力」=「継続できる力」とすれば、少しはご理解いただけるだろうか。

「努力」と「工夫」は別のチャンネルなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • MAE
    • 2019年 3月 24日

    言うなれば
    山中先生も間違いなく天才の域ですね。

      • 山中 聡和
      • 2019年 3月 24日

      もしかすると「天才」と分類される能力はなく、「努力を続けられるか否か」で「天才」が決まるとすれば、すべての人に「天才」の可能性があることになりませんか。
      その意味では、私もほかの人と同じく「天才」とくくってもいいかもしれません。