Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

「方」の「かた」か「ほう」か問題

2019年2月16日付けの記事「漢字を開く」で、私は単純に「ほう」はひらがな、「かた」は漢字で使い分けをすると紹介したが、業界で使われている辞典で調べてみると、そんな単純なものではなかった。

あらかじめ、ネットではどのように解説されているか調べてみると、やはり私と同じように自説を述べるか、各自の自由にするか、ケースバイケースかといったように、統一された見解はないようだ。

せっかくなので、業界で使われている辞典でどのように解説されているかを紹介したい。

  • 「考え方」「見方」「食べ方」など、方法については漢字になる。例外として「しかた」はひらがな。
  • 「○○様方」と宛名で書くときは漢字になる。
  • 「方がつく」は漢字になる。「片をつける」は別の漢字。
  • 「あのかた」「あちらのかた」「先生がた」などはひらがな。
  • 「南の方から」のように方角を示す場合は漢字になる。
  • 「大きいほう」「そのほうがいい」などのような選択肢はひらがなになる。

言葉では説明しづらいが、方法を意味するときは「方」、人を意味するときは「かた」、方角を意味するときは「方」、選択肢を意味するときは「ほう」と覚えればいいだろう。

このように明確なルールがあるようだが、一見しただけではわかりづらいためか、この使い分けはあまり普及していないようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。