Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

「Yahoo!知恵袋」で見かけた文章の疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

校正において基本中の基本だが、「Yahoo!知恵袋」で解決されていなかったので、あまりにも簡単すぎる問いに、ちょっと解説してみようと思った。

「一言言う」など同じ漢字を続けて書くと、何だか落ち着きません。みなさ… – Yahoo!知恵袋

この質問で、漢字をどう開いたら読みやすいかが質問されている。
「一言言う」「日にち」「3歩歩く」などが挙げられていた。

もちろん、新聞や雑誌、メディアなどでこんなミスをしていたら、プロ失格レベルである。
そのため、誰も答えてくれていないのかもしれない。

「一言言う」は、「ひとこと言う」でも「一言いう」でも誤りである。なぜなら「一言」の意味のなかに「言う」が含まれているからである。いうなれば「一言言う」とは「頭痛が痛い」といっているのと同じ誤りになるのだ。同じ解釈で「3歩歩く」も誤りになる。
「一言」は「○○から一言」とか「一言でまとめる」「一言で表現する」など、「言う」以外の表現と組み合わせる。
「3歩」も「3歩進む」とか「あと3歩だ」など、「歩く」ことを前提に文章を組み立てる。

「日にち」は確かに漢字で書くと「日日」となるが「日々」との区別がつかないため、校正では「日にち」と書くのが慣例となっている。

さて、先ほどの「一言言う」や「3歩歩く」のように、「頭痛が痛い」の表現と同じ誤った表現の文章は校正においてご法度となるので、「朝食を食べる」や「眺めを見る」など考えればキリがないが、口語では気づかないうちに誤った表現で身についていることが多い。文章ではここにプロと素人の差が出るらしい。ほかにも、「満天の星空」や「いちばん最初」などが多い誤用だろうか。

このような視点からも含めて文学作品を味わうと、作家をいっそうリスペクトできるかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。