さとると、うっかりがなくなる。

さとると、うっかりが多い人も、うっかりがほとんどなくなる。

朝、起きなければいけない時間の少し前に自然に目を覚ますし、必要なときに大切なことを思い出す。

人は、思い出すことを自分の力だと思っている。
でも、思い出すとき、思い出そうとして思い出すものではない。

すべては、本当の自分からのインスピレーションである。
起床時間も、必要なときに思い出すことも、本当の自分が気づかせる。

でも、自我は「自分で気づかなければならない」と騒ぐ。
忘れたらまずいとか、起きれなかったらどうしようとか、不安ばかり訴えてくる。

不安に思えば思うほど、うまくいかなくなる。不安に思えば思うほど、失敗する。
それは逆効果だ。

あなたを本当の意味で応援してくれるなら、不安をあおるのではなく、気づかせてくれる。
自我にだまされないことが、自分を信じること。すなわち、自信とは、本当の自分からのインスピレーションを待つことなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください