さとると願いはなくなり、自然とうまくいく。

覚醒体験は一時的である。
自我があるとまた自我で考えてしまう。

私はいつもこう説明している。
「思いどおりになるが、思いどおりになるからこそ、願わなくなる。
願い事があるうちは、まだ思いどおりになることを受け入れていない」と。

だから、さとるとまったく悩まなくなる。迷わなくなる。
覚醒状態が常態化した「さとり」の状態になるためには、願ってしまう原因である不安を幻だと思い出すしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください