Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

日本文化特有の霊性に取り込まれた仏教

日本仏教を調べるために、まず根本のインド仏教や釈迦自身を史実から調べていたが、日本仏教とインド仏教はこんなにも違うのかと知るだけでは足りないのだと、昨日知った。

お恥ずかしい話だが、日本人の宗教観は土着の信仰である神道と、伝来後主流となった仏教を知ればいいと思い込んでいたのだが、神仏習合によって神道と仏教が入り交じった信仰はまったく別の進化を遂げていたことを今になって知ったのである。

そのきっかけは、釈迦のさとりを解説する本を執筆していた際に、日本人が抱いているあの世のイメージが必ずしも仏教の教義と一致しないことに気づいたからである。

変なのである。日本人が抱いているあの世のイメージは、本来の仏教の教えとは全然違うのだ。

仏教では教えていないことなら、神道の教えかというと、神道にはもともと教義がないのだから、それもあり得ないのである。

たまたま持っていた本で、購入当時は今以上に頭が固かった私は迷信めいたものを読み飛ばしていたため記憶に残っていなかったのだが、処分する前に目を通してみたら、肝心の神仏習合によってはぐくまれた純日本的な霊的文化が掲載されていたのである。

仏教の書籍では当然のことのように「日本は祖霊崇拝の文化」だと書かれているが、それは「日本人が抱くあの世のイメージ」を日本人なら知っているだろうとしてわざわざ書かずに、かつ、仏教関連書籍として仏教以外のことにページを割けないということで、暗黙の了解とされてしまっていた。

北海道育ちで、実家が新興宗教の信者であったから、むしろそういった昔ながらの祈祷やおまじないのような迷信めいたものには縁がなかった。新興宗教を信仰しないと宣言した私は、これ以上に独特の信仰が日本文化に根付いているとは想像もしなかった。

仏教では「さとりを開き、来世(転生後の人生ではなく、あの世)で転生せず苦しまない存在になる」ことを目指す。

日本仏教が定着しているはずの日本人はそのようには考えない。
日本仏教の僧侶は言う。「他界してから、出家したことにするために、戒名(出家してから、もらう名前)をつけて、法事でお経を故人に聞かせることでさとりに導き、追善供養の五十回忌の弔い上げをもって成仏(さとりを開いた)と考える」と。
ところが、日本人の多くは仏教の教えを詳しくは知らない。そもそも、さとりを開きたいと思っているわけでもない。浮かばれないでさまよっている霊にはなってほしくないから法事を頼んでいるふしがある。
では、浮かばれたらどうなるかというと、さとりを開きたいと望んでいない一般人は、浮かばれることで天国に上がれると思っているようだ。天国に上がれば、過去に亡くなった家族と再会できると考える。
葬儀や追善供養で天国に上がれると思っているが、葬儀で直ちに上がれると考える人もいれば、四十九日法要で、あるいは、一周忌で上がれると思っている人もいる。三回忌、七回忌、十三回忌がなぜ必要かは考えない。
「成仏=天国に上がること」なのである。天国に上がっていないので上がるために追善供養をするのか、天国に上がってからも追善供養をしたほうがいいと何となく思ってするのかは人それぞれだ。

仏教で基本的な教えである生まれ変わりについては、僧侶も一般人も触れない。とにかく、浮かばれること、さとりとは無関係な成仏を実現すること、天国に上がることを目指す。

こういった日本人特有のあの世のイメージを本の執筆中に気づき、気にかけていた。
そこへ、昨日、目を通した処分予定の本に、神仏習合によって古来日本文化の中で発展してきた日本特有の霊性が掲載されていて、仏教ではない、なぞの信仰心の正体がわかったのである。

日本特有の霊性とは、神道と仏教が融合した、山岳信仰が中心に据えられている修験道である。仏教伝来する前は、中国大陸の道教が神道に取り込まれ、山岳信仰を形成した。そこへ、仏教が加えられて修験道として完成したのだ。
神仏習合では神官と僧侶の区別がなく、日本仏教といわれながらも、インド仏教や中国仏教と比べればまったく別物といっていい宗教と化していた。祝詞とお経と真言を使いこなし、陰陽道のように式神を操り、神の使いである眷属を操るのだ。

もはや「帝都物語」……、いや、今風にいうなら「鬼滅の刃」である……。

釈迦の教えはどこへやら、である。修験道の修行者は祝詞やお経、真言を呪文として使いこなして願いをかなえる。釈迦と対立したといわれるバラモン教(ブラフマン教)の祭司が明呪を唱えて願いをかなえることとまったく同じことをしているのである。
人間の根本的なところは同じなのだと痛感させられる。

どおりで、日本中のあちらこちらにキツネの霊だの、ヘビの霊だのがいっぱいいるわけだ。日本仏教にはしっかりと、一般人がかかえるイメージを払拭し、仏教の教義を広めていただきたいものだ。断じて仏教とキツネやヘビは一切関係がない。仏教では眷属というものが存在しないのだ。このままでは日本仏教というよりは、日本教である。眷属使いが祭司となって信者を集める宗教である。日本特有で、日本文化として完成されているのだ。僧侶は修験道の修行者ではないのだから、はっきりしていただきたいものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。