Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

未曾有のパンデミックに見る違和感の正体

これは人類の本質なのかもしれない。いや、もしかすると、これこそが人類を構造主義的に解釈する鍵なのではないか。
連日の報道では新型コロナウイルスによって「危機感が高まる情報」と「沈静化を促す情報」が入り乱れて、恐怖と安心とが繰り返し繰り返し伝えられる。
これに対し、世間では「過剰に反応し、警戒する人々」と「安易に考え、平常時と変わらない人々」に分かれた。
すると、報道は過熱する。「過剰に反応し、警戒する人々」に向かって「沈静化を促す情報」を流し、「安易に考え、平常時と変わらない人々」には「危機感が高まる情報」を送るのだ。
問題は、これら真逆の情報が同一のメディア、同一の発信者から一般の一人一人に向けて無差別に繰り返し繰り返し伝えられていることなのである。一般人各自はどちらの情報も自分へ向けてのメッセージに解釈してしまうのだ。
もはや、危機なのか、安全なのか、メッセージの趣旨がつかめなくなる。

どうやら、私たちの脳は、このように真逆の意味が入り交じった情報に遭遇すると理解できないばかりか、ストレスに感じて不可解な行動に出るようである。
その最たるものが「デマに翻弄される人々」や「買い込み」「差別」である。マスク不足を防ぐためのマスク転売禁止によって、手作りマスクの販売までも禁止する事態も含まれるかもしれない。

私はこの違和感について早くから興味を抱いていたが、そもそもの新型コロナウイルスの情報の解釈に苦悩した。新型ウイルスであるがゆえに科学的解明が遅れているが、それは発信者にとっては「警告し過ぎてもだめ」「安心させ過ぎてもだめ」というジレンマに陥ざるを得ないものである。そんなジレンマが解消されないまま報道では発信し続けなければならないのであるから、解釈の苦悩は当然だ。
そこで、私は安易に新情報さえそろえば、この苦悩から解放されると考えた。ジレンマさえなくなれば、一般の人々の混乱はなくなると思えたのだ。
私は早速、有効活用が可能なレベルに達した新情報を集めて「コロナ・パンデミック?」を書いた。2020年2月20日付である。

1月から注目され、2月から騒動が起き、3月には全世界でパニックを起こしている新型コロナウイルスについて3月25日現在、報道の努力によって新情報がほぼ出そろい、今の私がわざわざ発信せずとも周知の事実になったものと思われるのだが、私の分析に反して一般の人々の混乱は増しているように見える。
私が抱いた違和感は世間では解消されていないのだ。私自身が感じていた違和感は「コロナ・パンデミック?」の記事でまとめることによって解消されている。世間に蔓延している混乱は、私自身が感じていた違和感とはそもそもの原因が違うようだ。

数か月前から、平均IQの人々の思考パターンを理解するために認知バイアスを調べていた。そのほか、脳科学関連書籍にも目を通していた。
世間の人々が未曾有のパンデミックに遭遇して、認知的不協和に苦しんだり、正常性バイアスによって危機感が薄らいだりすることは理解できる。
そのため、認知的不協和と正常性バイアスを解決するための情報整理を「コロナ・パンデミック?」にて自分なりに実現したわけだが、今回の文章を書くにあたり、もうひとつの理論、二重拘束(ダブルバインド)を思い出した。
調べてみると、一般の人々の不可解な行動は、ダブルバインド・セオリーにおける被害者の症状と一致しているように見える。症状とは以下の3つである。

  • 言葉に表されていない意味にばかり偏執する(妄想型)
  • 言葉の文字通りの意味にしか反応しなくなる(破瓜型:はかがた)
  • コミュニケーションそのものから逃避する(緊張型)

引用:ダブルバインド – Wikipedia

妄想型は「たいしたことない」「自分の周囲には感染者はいない」「マスクの生産によって紙が不足し、トイレットペーパーが足りなくなる」などである。
破瓜型は「感染したら死ぬ」「出歩けない」「風邪の症状が出たらすぐに相談センターや医療機関に相談する」「デマを信じる」などである。
緊張型は「感染を恐れて仕事を退職する」「外出を一切しない」「マスクをせずに咳をしている人がいたら感染者の可能性があるので排除する」などである。
二重拘束は二重規範(ダブルスタンダード)のように区別がつきづらい可能性があり、多くの者が自覚せずにこの症状で正気を失っていると思われる。

この症状を自覚できない脳は、メッセージとメタメッセージが矛盾するコミュニケーション状況におかれると、認知的不協和にさらされて、矛盾を解決できない場合にこの症状に見舞われるのだろう。
新型コロナウイルスの例に照らすと、報道による危機的メッセージと、あまり感染者がいないように見える日常のメタメッセージとの矛盾が解決できないと、「買い込み」「差別」「デマに翻弄される」という事態に陥るということである。
反対に「買い込み」「差別」「デマに翻弄される」といったことがない人々は、自らのIQによって矛盾を解消し、ダブルバインドに陥っていないということになる。
「買い込み」「差別」「デマ」が社会現象になっていることから、平均IQではこの矛盾を解消できないということなのだろう。
これでは個人主義を貫き、自己責任に任せると全世界が無法地帯と化す。それがこのたびのパンデミックの世界の実情だということである。

その解決方法はないのであろうか。
方法を見つけることは簡単である。矛盾を自力で解消できない人々に向けて、矛盾を解消した考え方を提供すればいいのである。
報道は事実を伝えることが主目的であるが、事実のみを提供して、判断は各自に任せるとしてしまうと、必ずしも正しい理解には到達しない。というか、絶対に到達できない。
それよりも専門家の見解を明確にして、出た結論のみを伝えることのほうが、社会的混乱を防ぐことができる。ここまで来ると報道の範疇を超えるため、政治家が引き受け、報道は仲介のみにするのが相当だろう。

さまざま報道される世界の実情から、もっとも印象的だったニュースがあった。「『買い占めはやめて!』48時間勤務の看護師、食べ物を確保できず涙の訴え – BBCニュース」である。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの国で買い占めが起きている。
こうした中、1人の疲弊した看護師が、買い占める人々に対し、ほかの人のことを考えるよう涙ながらに訴えた。
イギリス・ヨーク在住のドーン・ビルバラさんは、救命救急の看護師として働いている。
48時間勤務を終えて立ち寄ったスーパーマーケットの棚には、野菜や果物は残っていなかったという。
ビルバラさんは、人々が具合が悪くなった時に治療に当たるのは、自分のような英国民保健サービス(NHS)のスタッフであり、任務を遂行するには健康を維持する必要があると説明。買い占めをやめるよう求めた。

これは一個人が世間の一人一人に訴えてどうにかなるものではない。有志が集まり組織的に解決するか、先ほどの私の提言のように国や自治体が医療従事者を保護するべき問題である。
人類は各自の判断によって社会を動かすことができない。二重拘束に至ると妄想型、破瓜型、緊張型の3パターンに分かれる。正確に言えば二重拘束に陥らなかった高IQの人々も含めて4パターンになるだろう。
高IQの者が革命家となり、最良の方法を実現するため、平均IQの人々を扇動し、社会の構造を変えていく努力をしなければ、社会は崩壊に向かう。
さあ、あなたはダブルバインド・セオリーでいう被害者であろうか。それとも、ダブルバインドに陥らない革命家であろうか。
あなたはどちらでありたいだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。