気を使うこと、気を使わされること、気を使ってくれること。

気を使うことは愛だと思われている。

だから、恋人同士や家族間では、気を使ってあげないといけないと、みんなが思い込んでいる。

でも、気を使わなくても壊れない友情は親友だからだと思える。
気を使わなくても壊れない絆が家族だとも思っている。

それならば、気を使わないからといって「愛がない」「冷たい」といわれるのはなぜだろう。

よく考えてみてほしい。

気を使わせることは、自分の都合のいいことを相手に強要していることなのだ。
それはわがままであり、自己中心的な考え方。

じゃあ、気を使わなくてもいいのかというと、そうではない。

この答えがあなたにわかるだろうか。

気を使わなくてもいい程度の気遣いこそが大切なのである。
重荷にならない気遣い。
お返ししなくてもいい気遣い。
強要しない気遣い。

愛にルールは存在しない。
愛は与えるだけであり、受け取るだけであり、要求した途端に愛じゃなくなる。

あなたの都合を先読みする愛は、この世には存在しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください