精神年齢は存在しない。

精神年齢は存在しない。

自我が勝手に「自分は大人げない」とか「自分は子どもっぽい」と不安がる。

社会のなかでマナーを守れなければ、大人げないとはいわれる。
それは「大人げないから、マナーを守ろう」といっているだけであって、「あなたは大人げない人間だ」という意味ではない。

ただ「マナーを守るか守らないか」だけを考えればいい。

あなた自身が、精神年齢を問題視されているわけではない。

そもそも、心に、精神に、思考に年齢なんて存在しない。
ただ、マナーさえ守ればいいだけのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください