自我が豹変する美しい言葉

多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。

「お客様は神様です」

これは三波春夫がステージの上で発した言葉だ。

この美しい言葉に、多くの人々の自我が刺激された。

販売員の態度が悪いとき、クレームをつける購入客が、「お客様は神様だっていうでしょう!」と詰め寄る。
態度が悪い販売員ならまだしも、販売員に非がないのに、購入客の勝手な基準で望んだ割引額にならなかった場合にも「お客様は神様じゃないの?」と詰め寄る。

この美しい言葉は、人を指導する立場にある人も好んで使った。

ある宗教家は、企業が顧客を大切にするべきだという説教・説法で、客の一方的なわがままをきかない企業が従うべきだとして、その理由にこの美しい言葉をまるでことわざのように挙げる。「お客様は神様というでしょう。顧客の要望に応えることが企業努力ですね」

別の宗教家は、信者からいただいたお布施で、居酒屋で威張る。「お客様は神様だからいいのだ」

これらはすべて、自我による勘ちがい、自我の豹変によるパワハラである。
美しい言葉によって、モンスタークレーマーに餌を与えることになった。

この事態を重く見た、この美しい言葉の生みの親の三波春夫は、自身の著作で次のように書いている。

「私が、お客様は神様だと言ったのは、お金をくれるからではなくて、練習のときにはよい声が出なくても、お客様の前で歌うと、とてもいい声が出る。この奇跡に感激して、私はお客様は神様だと言ったのですね」

このように意味はまったくちがうのだ。
自我は勝手に美しい言葉を別の意味に捏造し、餌にして豹変する。

それが自我の本性である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください