Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

カテゴリー:仏教

煩悩の愚かさ

実に、実感するとは、知ることとちがうと思い知らされる。釈迦は、煩悩や一切皆苦を語った。衆生は無明(むみょう)を原因にして、苦しんでいるという。本当にそう思う。なぜなら、自分が思っている自己像と、実際の自分…

詳細を見る

仏教講座を受講

Facebookで見かけた方が講師を務める仏教講座に、 仏道講師の私が申し込んだ。立場上、変な話だが初対面の方だったので、お会いする以上一度はお金を払って受講するのが礼儀だと思われた。その仏教講座では、ゼロから学ぶものと…

詳細を見る

「非二元性(ノンデュアリティ)」=「中道」=「此縁性縁起」=「覚醒」

正覚者ガウタマ・シッダールタは「非二元性(ノンデュアリティ)」としての意味の「中道」から、「煩悩」と「苦」の二元論を打ち出し、煩悩がなくなれば苦も消えるとした。煩悩とは、「貪欲(とんよく)」「瞋恚(しんに・しんい)」「愚癡(ぐち)」のみ…

詳細を見る

「非二元性(ノンデュアリティ)」とは「苦楽の二元性から出離すること」

そのまま見つめるとは、幸せになる方法を探しているとき「自分は幸せになろうとしているから幸せになれない」と見ることだが、シッダールタは質問者の心の中にある「耽溺」「患い」をひとつひとつ本人に確認していく。たとえば、「社長になったら幸せにな…

詳細を見る

「非二元性(ノンデュアリティ)」の発見「正覚者ガウタマ・シッダールタ」

非二元性(ノンデュアリティ)は非二元の代名詞になるほど、根幹の概念である。正覚者ガウタマ・シッダールタが「主体と客体の非二元性」を実現するための手法として「中道(非二元性)」を発見した。信仰一辺倒・苦行一辺倒の先達とはちがい、シッダール…

詳細を見る