Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

カテゴリー: 日記

「500 Internal Server Error」対策

最近、「500 Internal Server Error」がたびたび表示されるようになり、更新できないばかりか、サイト訪問者も表示できずに困っているのではないかと心配していた。

2019年3月に入ってから、この症状が出ている。

放置していると表示されるようになるので、ようすを見ていたのだが、やはりなかなか表示されず、閲覧すらできなくなっているタイミングがあることを確認した。

あめいじゅ」「笑える~こわい話」「SAYORI OFFICIAL SITE」も「SOWA YAMANAKA OFFICIAL SITE」と同じサーバーに構築しているので、同じ症状が出る可能性が高い。おそらく、表示されず困っていた訪問者はかなりいただろう。

「500 Internal Server Error」はサポート対象外で、業者に問い合わせてもダメなようである。そこで、ネット検索を試みた。

どうやら、このエラーにはさまざまな要因があるとのことで、一概にこれだという解決法はないらしい。私のサイトで可能性があるものを探す。もちろん、業者のQ&Aも検索した。

業者の情報では、サーバー上の「.htaccess」ファイルが仕様変更によりエラーになることがあるらしい。とはいえ、この症状は2017年10月から出ているものらしく、1年以上前の話である。一応、確認したが問題なかった。

とりあえず、使わなくなったドメインやデータベースの設定が放置状態だったので、WordPressの設定をドメインごとに一つ一つ確認して、使っていないドメイン設定とデータベースを削除した。

まあ、これでは改善されなかった。

そこで「「500 Internal Server Error」の原因と解決方法 | すぐ使えるサポート情報」というサイトを参考にして、サーバー上のディレクトリのパーミッションやCGIのパーミッション、Perlのパス、改行コード、BOMコード、文法エラー、モジュールの不足、「.htaccess」の問題、Perlのバージョン、Apacheのバージョンと、順番に確認していった。はっきりいって、バージョン以外は問題ない。そもそも、表示されるときと表示されないときがあるのだから、バージョンの不具合に近い。Windowsのバージョンアップでもよく変な症状が出るものである。それと同じだ。

そこで、サーバーの管理画面を開いて、PerlやApacheのバージョンを確認した。見つかったのはPerlとPHPのバージョンだった。両方とも最新に変更した。むしろ、今まで古いままだったのが驚かされる。このサーバーを契約してから10年以上たつから、バージョンも新しいものがリリースされているのだろうが、自分で変更するまで古いバージョンのままになっているというのは、さすがトラブルは自己責任のサーバーである。業者が勝手にバージョンアップして、サイトが表示されなくなったら、だれの責任かと問われてしまうので、管理者自身が自分でバージョンアップしなければならないということなのだろう。

「SOWA YAMANAKA OFFICIAL SITE」がまったく表示されていなかったので、ブラウザのタブを切り替えて再読み込みしてみると、サクサク表示された。改善されたかもしれない。

巻山紗依に「SAYORI OFFICIAL SITE」にログインしてもらい、症状を確認してもらったが、巻山紗依はほとんどこの症状に悩まされていなかったものの、さきほど一度だけ出た症状が、今はまったく出ないようだ。

これでようすを見ることにした。同じ症状で悩んでいる管理者は多いことだろう。ぜひ、サーバー上のバージョン変更画面を確認してもらいたい。

楠目智子さんが投稿された「オードリー・ヘプバーンの詩」

楠目智子さんがFacebookに2014年6月8日付で投稿した記事が印象的だった。
オードリー・ヘプバーンの詩の内容は、ブッダのサンスクリット原典の詩のように美しい。
さらにいえば、ブッダもこのような「人とのかかわりで見える真理」を説いたものだ。

オードリー・ヘップバーンが、亡くなる数日前に息子たちに読んで聞かせたという詩が素晴らしいです。
『時を越えた美しさの秘密』
“Time Tested Beauty Tips” ―Sam Leveson
魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
For attractive lips, speak words of kindness.
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
For lovely eyes, seek out the good in people.
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
For a slim figure, share your food with the hungry.
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone …
物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
何度でも再出発することができます。
reclaimed and redeemed and redeemed …
誰も決して見捨ててはいけません。
Never throw out anybody.
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。
Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.
年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
As you grow older you will discover that you have two hands.
ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
One for helping yourself, the other for helping others.
女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,
その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
the figure that she carries, or the way she combs her hair.
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
because that is the doorway to her heart,
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
The beauty of a woman is not in a facial mole,
その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
but true beauty in a woman is reflected in her soul.
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
and the beauty of a woman with passing years only grows!

楠目智子さんがFacebookに2014年6月8日付で投稿した記事

ブッダに通じる、詩の美しさに、オードリー・ヘプバーンの人間性がうかがえる。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

昨年はご愛顧いただき誠にありがとうございました。

2018年もさとりの研鑽と指導に向けて励んで参る所存です。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

大手百貨店大丸札幌店6周年イベントでご縁があった3人が全員釧路つながり?!

大手百貨店大丸札幌店6周年イベント「大誕生祭」に参加いたしましたが、スピリチュアル・アドバイザーとして参加された方はもうひとりいらっしゃいました。

それは梅乃(うめの)さんという女性の方でした。

ご出身は旭川だそうですが、釧路に10年以上住んでいらっしゃったそうで、釧路で霊能力に目覚め、3年前から札幌に移って活動されているそうです。

紙に名前を書き、精神集中するといろいろなことが見えてくるところは、私とまったく同じです。

また、今回のお仕事のお話を持ちかけてくださったイベント会社の担当者、端谷真子(はしやしんこ)さんは、私と同じ釧路出身でした。

釧路つながりということで、記念撮影をいたしました。

写真の左が私、真ん中は梅乃さん、右は端谷さんです。

札幌へ出てきてから、釧路関係の方とはほとんど会えていなかったので、非常に驚きました。

求人誌の表紙に私が使われました。

今日発行されるローカルでフリーペーパーの週刊求人情報誌「きゅうじんくん(旧・週刊求人)」の表紙を私が飾りました。

先々週から広告は載せて頂いていたのですが、表紙まで載せて頂けるとは思っていませんでした。

編集者に撮影して頂いたのですが、照れくさく、いい表情をつくれなかったので、別の日に「びっくりドンキー芦野店」でコクーエさんに撮ってもらいました。

フリーペーパーですので、スーパーやコンビニで見かけたら多めに持っていって身近な人に配って下さい。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén