Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

iPhoneを購入した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

iPhoneが日本で発売されて間もないころに一度、購入したことがある。ちょうど10年前だった。当時はiPhone 3Gといった。続けざまにiPhone 3GSも購入した。背面に丸みがあるところが好きだったが、スマホ自体がまだ便利とはいえない時代で、カスタマイズ性が高いと思われたAndroidにあっさり乗り換えた。といっても、Androidのほうが目も当てられないほど性能が低く、時代を待つしかなかった。

Androidを使い続けて、便利なアプリも増え、今は非常に快適になったが、iPhoneの情報を得ても、カスタマイズ性の高さは感じられず、iPhoneには乗り換えることなく10年が過ぎた。

よく話題になっているiPhoneについて知らないまま、私は正当に比べられないでいた。漠然としたイメージとしては、iPhoneはMacのような操作性で、AndroidはWindowsのような操作性だということだけだった。

そして、ついに私はインスピレーションに導かれるまま、iPhoneの購入を検討し始めた。ヴィパッサナー瞑想で導かれる未来は、本人の意思にかかわらず、必ずよい結果に導かれる。

iPhoneの機械式のホームボタンは8で最後だったという。Xから8に乗り換える者もいるらしい。ある意味でかつてのiPhoneの完成形といえるiPhone 8を購入することにした。正直なところ、仕事のお客様のiPhoneを操作する場面に遭遇したとき、まったく操作方法がわからず、コンピュータやAndroidに詳しい私がまさかの初心者のような立場に陥り、想定外に困惑したので、iPhoneについては無知に近い。

この10年のあいだ、何人かのiPhone使いに、iPhoneのよさを聞いたことがある。しかし、誰も教えてくれなかった。なぜ、iPhoneを使っているのか、なぜ、Androidを使わないのか、どうちがうのか教えてほしいと伝えても、みな黙り込んでしまった。まるで、同じAndroidを使わず、違うiPhoneを使っていることについて、クレームをつけたと思われたかのようだった。実際にそう誤解された人もいたかもしれないが、もともと機械について詳しくなく、AndroidとiPhoneの違いを説明できなかっただけなのかもしれない。

その疑問がついに解明される。私は購入後、本屋に寄って、簡単な入門書も購入した。

入門書の全ページに目を通して、参考になったのは初期設定に関する1項目と、Googleアカウントと同期させる方法のみだった。あとほかは、画面をなんとなく操作しているとすべて解決した!

こんなことはAndroidではありえない。カスタマイズ性の低さは機械好きにとって不満な要素だが、もう47歳にもなると細かい設定はどうでもよくなっている。壁紙はあまり変えず、アイコンは一度整理すると、昔よりは長い期間そのまま使う。

私はiPhoneの魅力を知った。ちょうどよい。マニアには自由を与えないが、管理下に甘んじれば、余計な仕事は減らしてくれる。もはや哲学といえるほどだ。

Androidで愛用していたアプリを検索しインストールする。するとさまざまな違和感に気づいた。アプリによっては、Android版のほうが高性能であったり、iPhone版のほうが高性能であったりした。おそらく、先に開発した側のほうが高性能であったのだろう。ソフトウェア会社によって得意分野がちがうだけのことだ。Androidにはさまざまな性能の機種があるから、機能によっては得意不得意のばらつきが大きいのもあるだろう。

それと、ゲームの速度が微妙にちがう。Androidで簡単にクリアできたものが、iPhoneではギリギリだったり、その逆だったりした。

それ以外は、何も不便がない。SDが入らないのも困らない。

そして、機械式のホームボタンが愛されていると聞いたとおり、確かに慣れると便利だ。慣れてからAndroidを操作すると、ホームボタンを押したくなってしまう。

早く知りたかったとはいわないまでも、iPhoneがベストセラーであることや、時代を変えたレベルのものであることは理解できた。

日本のコンピューターメーカーが製造しているスマホが惨敗していることも、残念ながら認めざるを得ないような気がした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。