Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

さとると、何に感動するかが変わる

2017.05.21

2 comments

さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくなる。これを一般の人にもわかりやすい話に例えるなら、幼児の頃、あれほど大好きだったおもちゃのことが、大人になってからそのおもちゃを見て…

詳細を見る

自我が豹変する美しい言葉

多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。「お客様は神様です」これは三波春夫がステージの上で発した言葉だ。この美しい言葉に、多くの人々の自我が刺激された。販売員の態度が悪いとき、クレームをつける購入客…

詳細を見る

さとったあとにある不安

昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒り」として起きるものを解説した。今日はさとったあとに感じられる不安について解説する。さとりとは、覚醒が継続的である程度、定着した…

詳細を見る

覚醒前、覚醒後にある不安と怒り

人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性を見失って、継続的な不安、さとりや非二元に対する怒りをもつ。この不安や怒りは一時的なものであり、私がかかわっている人々全員がこの状態…

詳細を見る

あなたの本当の幸せとは

誰もが願望をもち、それを実現することで、自分は幸せになれると思っている。進学、就職、成功、結婚、持ち家など、幸せの指標はたくさんある。意外に人は思いがけない幸運を手に入れることがある。そのとき、信じられない気持ちになったり、…

詳細を見る