Non-Duality Speaker , Early Buddhist Philosophy Teacher

The dynamics of the ego.

「最高の調味料は空腹」「最良の枕は睡眠不足」といった揶揄はよくいわれる。

若者は束縛されると自由を望み、結婚を反対されるとますます燃え上がる。

ブッダが「さとり」を語るとき、そんなつまらないことを言いたいわけではない。

すべての幸福、すべての目標、すべての希望がそういうものだと気づくこと、それを「さとり」と言った。

例えば、就職し、結婚し、家庭を築いて、子育てしたり、親孝行したりすることは、幸福の最たる理想形である。

それを幸福と信じた者は、失業すると路頭に迷う。離婚すれば絶望し、家族との離ればなれになる環境は苦しみを伴う。

そのため、失業や転職は避け、離婚は回避し、家族との関係を大切なものとする。

それを幸福と信じた者は、独身の者を憐れみ、離婚する者を軽蔑し、家族と離ればなれになった者を訝しがる。

なにか問題があって幸福になれないのではないかとさえ疑う。

実は問題がないと自覚している本人でさえ、「もしや、自分に問題があるからではないか」と不安がる者さえいる。

就職、結婚、子育て、親孝行が幸福の証と信じた者だけが意固地になり、闇雲に守り、人を評価し、問題意識をもっているだけのことであるのに、なぜかすべての人間がそうであるかのように考えてしまう。

ブッダが語った「耽溺」「患い」「出離」で考えるなら、就職や家庭を幸福の物差しにしたから苦しんでいることになる。

いい仕事があれば働けばいい。あるいは、必要があれば働けばいい。

いい人がいれば結婚すればいい。あるいは、必要があれば結婚すればいい。

子どもが生まれれば育てればいい。あるいは、事情があって預かったのであれば育てればいい。

親が困っていれば助ければいい。あるいは、親に感謝したくなったときに感謝すればいい。

しなければならないからと言ってしかたなくそそぐ愛情は、あなたの本心から込み上げる愛情と同じものだろうか。

あなたは初めからなにも失っていない。与えるか、与えないか、ただそれだけの違いなのである。

訪れていない幸福が、まだ訪れていないからといって、悲しむ必要はなにもないのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。